弁護士 西川 将史(にしかわ まさふみ)

東京弁護士会所属

昭和46年 東京都生まれ

開成高校、早稲田大学法学部 卒業

所属事務所 西川・生田法律事務所

〒102-0093
東京都千代田区平河町1丁目6番7号平河町ホームズ603号
TEL 050-3695-1477
message@e-nishikawa.net

※電話やメールのみでの法律相談はお受けしておりません。

法律相談はこちらへ

主な取扱業務

中小企業とその経営者の徹底支援(企業法務全般)
ビジネス法(IT、金融・不動産、著作権、その他各種業界)
私的な法律問題(離婚、相続、交通事故、刑事事件等)

メッセージ

紛争の予防と解決、不安や悩みの解消は私に任せて
貴方は「自分にしかできないこと」に集中してください。

信念(顧問契約について)

ビジネスの成長をサポートします

企業が弁護士と顧問契約を締結する目的は、ビジネスを成長させるためです。

企業にとって重要なのは「ビジネスを成長させるためには、どうすればよいか」であって、法律論そのものではありません。

私は、法律論は当然の前提としつつ、「どうすればよいか」を提案することで、顧問先のビジネスの成長をサポートします。

訴訟をさせないことを目標とします

訴訟には多大な時間と費用がかかり、相手方(取引先等)とも完全な敵対関係となります。
そのため、訴訟に勝っても、必ずしもビジネスに勝ったことにはなりません。

私は、顧問先に訴訟をさせないこと(紛争の予防)を目標として、顧問業務を遂行します。

もちろん、いざ訴訟となった場合には、勝つために徹底的に闘います。

日常的な存在となります

企業が弁護士と顧問契約を締結するメリットの一つは、気軽に弁護士に相談できることです。

私は、顧問先にとって日常的な存在(常に傍にいる存在)となります。

顧問先で問題や疑問等が発生したときは、あれこれ考える前に、まずは私に相談してください。